役員紹介

代表取締役 Jay Godsall

Jay Godsallは、Solar Shipの創設者で代表取締役です。彼は2006年に会社を発端したその当時から、会社全体を統轄し、経営戦略のリーダーとして会社を運営しています。Jayは、伝染病のバーコード化に専門をおくバイオテクノロジー会社、Fio Corporation(フィオコーポレーション、 www.fio.com)の共同創設者の一人でありました。彼はそこで最初の経営チームを結成し、彼らと一緒に2500万ドル(20数億円)という会社の開業運転資金を調達しました。Jayはテクノロジーを扱う会社や事業団体において、早い段階で戦略的に優先すべき物事に的を絞り、その獲得に向けて計画を遂行することを得意とします。彼の技術革新に関連した事業の中での経費、時間、リスク(危険性)を整理削減することへの集中は、カナダの中でもそして世界の中でも一目を置かれるものであります。

 最高技術責任者 John Hutchinson

John Hutchinsonは、遠隔地での飛行機の製造、維持に30数年間携わってきたという経験があり、又、遠隔地における電力動力システムの向上発展に力を注いできた先駆者でもあります。Johnは、固定翼航空機と回転翼航空機両方の運転免許を持っています。彼は、地球上にある遠隔地で使用できる持続可能な電力を動源とした製品の開発とその営利化を進める世界の第一人者として知られています。Freeplay Energy(フリープレイ エナジー、freeplayenergy.com)は、ロンドン株式市場で公に取引されている会社ですが、Johnはその会社の技術指導者として、全ての工業技術に関する問題や工業デザイン、商品開発をを監督しました。彼はケープタウン大学にて工学位、MBA(経営学修士)、法学位を取得しています。

情報戦略統括役員 Dr. Sébastien Fournier

Fournier博士は、Solar Shipの商業科に伴う経費と危険性を削減するために、研究と開発(R&D) に努めチームを統率しています。彼はFio Corporationの最高技術責任者として、世界初の、遠隔地域で携帯して使用できる伝染病のための診断装置として、病原微生物にバーコーディングする方法を開発し、特許を取得しました。彼の専門技術は、物生物理学とポリマー(高分子材)に始まり、バイオテクノロジー(生物工学)の分野では国際的に産業の経験を経ました。彼は、科学博士号をトロント大学にて取得致しました。

最高執行責任者 Michel Rugema

Michel Rugemaは、遠隔地での運用管理者としての実績が20年以上あります。彼は数々の異なった組織で指揮官を務めてきており、アフリカとハイチでのUSAID(米国国際開発庁)に始まり、ニューヨークにある五つ星レストランにいたるまで、指揮管としての経験が多岐にわたっています。彼はまた、ブルンディでArchipel Enterprises(アーチペル エンタープライズ)という会社を設立してホテルとレストラン業を営み経営指揮していました。Michelは、コーネル大学で経営学の修士号を取得していますが、彼はその大学内にあるホテルの監督指揮もしていました。彼はモントリオール大学で科学の学士号も取得しています。