航空機紹介

Solar Ship は、現代における様々な技術の発展の中で可能にされた、浮力を利用した航空機です。進歩した高度な航空力学、合成ラミネート織物、先進的電子工学、軽量な電池、そして高効率な光起電発電らの技術らが、現在の実践的な太陽光を利用した航空機という夢の実現を可能にしています。

複合型航空宇宙設計と高度な推進力を組み合わせることにより、Solar Ship は通常の飛行機よりも多いに融通が効くかたちで、且つ無敵な効率で、貨物自動車並みの積載量を運搬できます。この設計は縮尺を変えることも容易で、縮尺が大きくなるごとに3乗の積載(大きさ、重量共に)を可能にします。

Solar Ship は、使用者の要件、多様な目的に見合った形で使用できるよう、Caracal(カラカル)、Chui(チューイー)、Nanuq(ナヌーク)という3種類の航空機を展開しています。

Caracal

Caracal は我々のもつ最小の飛行機で、アフリカ中を広範囲にわたって速く、そして荒々しく駆け巡る猫の名前をとって名付けられました。Caracalは四輪駆動車の大きさと同じで、この航空機のみが道路が稀にしか見られない地域での移動が可能です。

Caracalは小さなSolar Shipで、主に一般的実務とISR(監視、偵察実務)の市場での利用をターゲットとしています。太陽光発電で得られた電気とハイブリット動力(以降ハイブリットは、太陽光発電から得た電気と燃料を両用した動力を指す)を両用した発着を特色としており、極短時間、短距離での離着陸ができ、飛行時間において高い持久性をもち、燃費の良さについては抜きにでています。そして、組立部品を付け替えることで、商業目的での使用にも、個人目的での使用にもなります。

Chui

Chui(チューイーと発音)はスワヒリ語でヒョウを意味しますが、速さと機敏さ、そしてこっそりとしていながら強さをも兼ね備えているということに敬意を評して名付けられました。Chui は、小型トラックのサイズに相当する大きさの航空機で、トラック同様に実用的な航空機です。

Chui は我々のもつ中型サイズのSolar Shipで、ISRと貨物運搬を取り扱う市場に向けてつくられています。Chuiは、高度な離着陸ができ、業界のトップに立つ燃費の良さをもち、最低限の飛行場さえあれば飛行を可能にでき、飛行時間については最高の持久性を兼ね備えています。そして、太陽光発電のみによる運転なのか、ハイブリットを利用した運転なのかを特定することができます。

Nanuq

白熊はこの惑星において一番大きな捕食者で、Nanuqはイヌイット語(カナダ北部のエスキモー民族で使用されている言語)で白熊という意味なのですが、”大きな敬意に値する動物”という意味でもあります。Nanuqは世界の多くの地域で使用されている18個のタイヤをもつ大型貨物トラックと同等な大きさの航空機です。

Nanuqは、Solar Shipの中で一番の大型な大型貨物輸送機です。この航空機は、高度な離着陸ができ、業界のトップに立つ燃費の良さをもち、最低限の飛行場さえあれば飛行を可能にでき、飛行時間については最高の持久性を兼ね備えています。そして、太陽光発電のみによる運転なのか、ハイブリットを利用した運転なのかを特定することができます。

我々の支援者

Zenair_logo_web

SolidWorks_logo_web

Cad_Microsolutions_web

rotec_logo_web